松岡農水相、自殺する事が何になるのでしょう。


松岡農水相、自殺する事が何になるのでしょう。


あらゆるバッシングや、いろんな事がありすぎたのは
私には理解できません。


ただ、死ぬ事があなたにとってよかったのでしょうか。

辞めて、逃げてもよかったじゃないですが。

逃げればよかったじゃないですか。

全てを捨てたらよかったじゃないですか。

卑怯に生きてもよかったじゃないですか。


あまりに責任感が強すぎたのでしょうか。

それとも誰かに、違う力で、
あなたをそのようにさせられたのでしょうか。


無念です。


ご冥福を祈ります。

アフィリエイト記事を休みすぎました

昨年からブログの記事更新をしなかったおかげで、
ブログランキングはランク外に。

サボった付けがそのままランク外と言う位置に
移ってしまいました。

またブログの記事をガンガン入れていきますので、
応援の程よろしくお願いいたします。

あなたが思っているほど人は、あなたを気にしてない。

昔の漫才ブームのときに
強烈に売れた、B&Bと言う漫才師がいます。


20代前半の方は知らないかもしれませんが、
今のダウンタウンぐらい売れていたと思います。


そんなB&Bの島田さんが
こんなことをいってます。


みんな頭で考えすぎなんですよ。
カッコばかり気にしている。
見栄を張るな、誰も見ていない。


              島田洋七(漫才師)


あちゃ〜、その通りですね。


周りを気にして生きている私、
誰も私のことをそれほど気にしてません。


周りを気にして生きてるあなた、
だれもあなたのことをそれほど気にしてません。


誰も気にしてないなら、
失敗しようが何しようが、
ガンガンやることに恥ずかしさは0です。

楽しく、謙虚に、アホみたいにやりますか。

情報ビジネス・スーパーカンファレンス2007

あなたは、インターネットで収入を得ることを目的とした
セミナーに行かれたことはありますか?


私は、あります。


畑岡さんというかたの、セミナーに参加したことがあります。

「セミナーに出たところで、それがどうした。」と
思いながら出席したもんです。



この私のような感覚で、出席すると有意義なセミナーも
無意味に終わってしまうんですね。
バカでした、私。


大したことの無いセミナーでも、
自分は今日、このセミナーから何かを学ぼうと思って、
挑むと、不思議と掴めるものです。


学ぶ姿勢と、学ばない姿勢の差は
あまりに大きいかもしれません。


今回のセミナー講師陣に関しては、
否の付け所が無い人ばかりです。


ただ、学ぼうと思わないで、とりあえず行って見るか
ぐらいの気持ちであれば、辞めた方がいいと思います。


「絶対に、何かを掴む」と言う気持ちで挑んでください。


何かつかめるかも、知れません。


情報ビジネス・スーパーカンファレンス2007
http://www.emz.jp/seminar/info-conf2007tabu.asp

アフィリエイトで儲けるための、心の在り方

アフィリエイトで月収84万円を達成している、
心の在り方をお伝えします。

いろんな情報商材や便利なツールが
爆発的に販売されています。


しかも、1ヶ月に数千万円単位で販売されています。


ただ、そのノウハウや情報商材を購入して、
あなたのアフィリエイト収入が強烈にあがったどうかです。


私も以前は、ノウハウコレクターでしたが、
卒業いたしました。

なぜかと言いますと、
買って、読んで、感心して、何もしない。


こんな状態でアフィリエイト収入があがるわけが無いのです。


では、どうしたのか。

こんな言葉を、部屋中に貼っています。


 人間、出来る出来ないではなく、やるかやらないか、
 ただそれだけだ。

 やってやれないことは無い。
 やらずに出来るわけがない。

 今やれることは、すぐに全部やる。
 今出来る圧倒的な量をやる。

 

徹底的に量をこなすと、ツールや情報商材は
ガッチリと数字を後押ししてくれます。



こんなわたしに、クリックをいただけますか。

人気ブログランキング

薄型テレビは年末までが買い時? 10万円台、地デジ対応…。

薄型テレビは年末までが買い時?
10万円台、地デジ対応…。


毎日新聞によりますと、

10万円台の商品が続々登場し、値ごろ感が出てきた薄型テレビの年末商戦。今月から全都道府県庁所在地で地上デジタル放送(地デジ)が視聴可能になり、店頭に並ぶ薄型テレビも大半が地デジ対応機だ。果たして今は買い時なのか。薄型テレビの売れ筋商品や買うタイミング、購入時の選び方をまとめた。【中村美奈子、高橋昌紀】


 
 

◇値段的には「買い時」?

 値段的には「買い時」なのか。専門家は、国内大手の32型以下はもうあまり安くならず、来年以降は40型以上の大画面が値下がりする−−とみる。ただし、安さに飛びつくのは要注意。専門家は「価格と画質は比例する」と指摘する。

 デジタル・メディア評論家の麻倉怜士さんは、「1インチ2000円のものは1インチ1万円の画質の2割と考えた方がいい。今は買い時ではあるが、性能向上はアナログ放送が終わる2011年まで続き、高い価格帯に反映される。安い液晶は、ブラウン管より画質は劣る。最新の廉価製品を買うより、1世代前の上級機を安く買う方が、はるかに画質がいい」と話す。

 また、色の表現など数値に表れない技術の差や、見る側の画質の好みもある。このため、専門家も「買う前には必ず売り場に行き、自分の目で見ること」を勧める。

 その際、判断材料になるのは、自分の視聴時間帯や見たいコンテンツだ。売り場の明るさを家と比べ、よく見る番組や好きなDVDなどを映してもらえばいい。

 ちなみに、現在の売れ筋は32型だが、ヤマダ電機テックランド足立店家電フロア長、鈴木両青さん(25)の今冬のお勧めは割安感の出てきた37型。店頭価格20万円台はハイビジョンだが、30万円台ならフルスペックに。40万円台なら更に録画できるハードディスクなどの機能も付く。セールなら、ここから数万円は安くなる。

 店に行く前に、自分の視聴スタイルの点検を、お忘れなく。

 
◇液晶とプラズマ 差異小さくなった

 昨年末と比べた今年の商戦の特徴は▽液晶を中心に1インチ4000円台が一般化した低価格化▽大画面化▽フルスペックハイビジョン対応機の増加▽次世代の端子・HDMI端子搭載機の増加−−の4点だ。地デジ対応も進み、デジタルチューナーの搭載率は液晶で87.8%、プラズマテレビでは99.8%に達している(10月単月、メーカー出荷ベース)。

 液晶とプラズマの差異が小さくなったのも、今年の特徴。サイズについては、昨年まで大まかに「プラズマは大画面、液晶は中・小型」ですみ分けていたが、液晶テレビの大型化が進んでいる。画質も「プラズマ優位」を、液晶が急追中。液晶の欠点と言われていた残像現象や視野角の狭さを改善した機種も出てきた。AVライターの中沢雄二さんは「液晶かプラズマか、比べるのも無意味になっている」と言う。

 
 大きさも価格もさまざまな薄型テレビ。では、どう選べばよいのか。大手量販店・ヤマダ電機(本社・前橋市)は、3つのポイントを挙げる。


 <1>ブラウン管テレビの大きさとの比較

 部屋に設置する際、薄型テレビは分厚いブラウン管テレビより奥に置けるので、見る位置が同じだと画面が遠くなる。画面自体も縦幅が狭くなるため、ブラウン管より一回り以上大きい選択が賢明だ。具体的にはブラウン管の21型→薄型の26型へ。以下同じく▽25→32▽29→37▽30→40▽32→42−−が好ましい。

 <2>部屋の広さや日当たり、置き場所など

 奥行きが薄いので、6畳間でも42型、8畳間なら46型でも圧迫感なく視聴できるという。プラズマは日光などが反射しやすいので、夜間や暗い所での視聴に向く。また、本体が熱くなりやすい。

 <3>主に見る番組

 プラズマは反応速度が速いので、スポーツなどに適しており、映画を見るのもいい。一方、液晶は残像が出がちだが、反射が少ないので、通常のテレビ番組を昼夜とも見る場合などに向く。


この年末商戦で、相当薄型テレビが安くなっていますので
買い時かもしれません。



Panasonic TH-20LX60 液晶テレビ(うす型)

確かに安いですね。以前の価格3分の1ぐらいでしょうか。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。